買取保護 脚に障害を持った中雛のリハビリ ~タイム日記~

タイムの日記1

「中雛が小さな鳥かごに入れられて販売されています。元気がなく、両足を左右に投げ出した状態でしゃがみこんだままでした。しかも足は後方にではなく、真横にです。」

2007年9月 あひるネットワークに投稿がありました。
会員が様子を見に行き、このままでは立てなくなると判断し、買取保護をしています。店の衛生面なども関係し販売店には、保健衛生所が調査に入り改善命令が出されています。

「体力が付き、成鳥になれば手術が受けられるかもしれない。」

会員のバジル&ミントさんが、ショップから保護をした。
北京ダック『タイム君』の経過を綴った日記です。


9月20日

関西支部長の元からあひるがやって来た。

先住アイガモ、バジル・ミントの名から、我が家ではタイムと呼ぶ事にする。

生後2ヶ月くらいとの事。やはり大きい。
成長のアイガモより一回り小さいくらいか?
頭部などにひよこ時代の名残、黄色い綿毛が残っている。
支部長の話によると、幼児期の栄養失調により、成長遅れが著しいとの事。

きれいな輝いた目。
以前MLにあった写真とは明らかに違い、目が生き生きとしている。
支部長ご夫妻の惜しみない愛情と、努力がうかがえた。

声変わりがしていない。
ひよこ時のようなかわいらしい声で鳴く。
おそらくタイムと同時期に誕生したミント(多分♀)は完全に声変わりしている。
バジル(多分♂)は若干変わったものの、まだかわいらしい声で鳴く。
タイムが♂だからなのか、成長遅れの為なのか。

所見。
心配した大腿部の歪みは見られない。
左足、間接下からの歪みが見られ、立つ時は足首から下が完全に内側を向いてしまう。
右足にあまり力が入らない様子。
(座った状態で、右足にて頭部を掻く事は出来る)
その為、不自由な右足をかばうように、左足に重心を置いて立ち上がろうとする歪みか?
右足の足首から下が、完全に地面についていない。
爪先立ちの状態。
確認したところ、足首の間接はまだ固まっていないようだ。

左足の関節が奇妙に太い。
無理がかかっているのだろう。
支部長によると、頻繁に熱を持つとの事。
食も細く、バーディ+米ぬか(少量)+卵黄粉(小さじ1杯)を殆ど食べない。
水鳥の習性か、水きん用フードを飲み水に浮かべてやると、ふたつかみ分くらいを自力で食べた。
サニーレタス一束をペロリと食べる。
バーディとポポンSを強制的に与え、今日は矯正など一切せず寝かせた。


9月21日

バーディを食べず、水きん用フードを食べる事から「好き嫌い」を疑い、ひよこ用餌を与えてみる。
やはり食べない。
ひよこ用餌を熱湯で溶き、冷ましてから強制給餌。

人嫌いの様子は見られず、抱き上げると膝の上で寝てしまう。

水浴びをさせると喜んでいた。
やはり時間が経つと沈んで行く。
不自由な足を駆使し、自力でプールから脱出。
この時足の歪みさえ何とかなれば、障害を残しても歩けるようになると確信。
ただし、成鳥時4kgにもなるという、あひるの矯正は私にも初体験。
成鳥時2,5kg程度の小ぶりな合鴨だからこそ、障害を残しても歩けたのかもしれないという思いが頭をかすめる。

写真の100円均一で販売している網を使い、矯正開始。
網の下では左右とも右へ向いてしまっている足を、両足とも左へ向け、幅広のゴムバンドで固定。
それだけでは簡単に自力で外してしまうため、ゴムバンドへ絡めるように十字型にビニールテープで止める。

やはり落ち着かないらしく、暴れて左足外側に擦り傷が出来る。
傷テープで保護したが、何か対策を考えなければ。

小松菜を与える。
やはり青菜は喜んで食べる。
目の前に主食餌を置いても無関心だが、青菜を持った夫を目で追う。
幼児期の飢餓状態により、そのう(胃)が小さい様子。
好きなものでもふんだんに与え、とりあえず満腹感を覚えさせたい。
本来なら肥満が心配されるところだが、タイムの場合は栄養不足が深刻な問題である。

栄養源はひよこ餌、ビタミン、カルシウム、卵黄粉の強制給餌で補給。
水きんようフードはやはり飲み水に浮かべると、今日は3つかみ分食べた。


9月22日

我が家にも慣れた様子。
抱き上げると、やはり脇の下にクチバシを入れ、そのまま眠ってしまう。
背中に触れるとビクッと反応し、声をあげる。
抗議?
人との信頼関係が出来ていないのか?
絶対的な人との信頼関係を築く為に、触れ合いの時間を疲れさせない程度に、可能な限り長く持とうと決意。
先住アイガモのバジル・ミントがイジけなければいいが・・・・・。

夜になり、夫が帰宅。
どうしても世話をするのは私の役目になる。
なつかない=かわいくないという構図を避ける為、好物は必ず夫に与えさせている。
私が与えるのは主食餌と水の交換のみ。
夫が帰宅すると、バジル・ミントはともかく、タイムも目で夫を追っている。
良い傾向だ。
夫が休みの日には、大好きなプール遊び時の見張りもお願いする。

この日もサニーレタスを一束、ペロリと食べた。
やはりバーディ、ひよこ用餌は減らない。
水きん用フードを食べる量は徐々に増えているが、飲み水に浮かべなければ、やはり見向きもしない。
糞便はきちんと形があり、健康そのもの。
青菜を多く食べる事から、たまに水分の多い糞便はあるものの、下痢はない。

ここで矯正を続け、人間との信頼関係を無にするわけには行かない。
今日はあえて何もせず、アイガモのバジル・ミントと一緒に寝かせてみる。
明日には仲良くなってくれないものだろうか。

 

写真の100円均一で販売している網を使い、矯正開始


タイムの日記2

 

 

9月24日

バジル・ミントとタイムが初めて一緒に水浴びをした。
矯正具を外され、タイムは伸び伸びしている。
一度タイムの濡れた身体をドライヤーで乾かし、再び庭へ。
一時間くらい外でバジル・ミントと共に遊ばせた。

自由に歩き回る2羽を見て、タイムも一緒に遊びたいのか、必死に歩こうとする。
たった丸一日の矯正で、タイムの左足が今までほど内側へ向かなくなった。
左側に傾きすぎていた重心も、若干ではあるが中心へ戻って来た様子。
やはり一番の原因は右足にある。

足首から下をペタッと地面に付けられない。
かかと上部あたりで体重を支えようとする為、ズルッと右足が前へ滑ってしまう。
両足とも右側へと向いてしまっている足のせいか、右足のモモ部分の開きが大きい。

タイムの身体を引っ繰り返すと、左右均等の力で足をバタバタさせているように思える。
手を当ててみると、右足も結構な脚力で蹴られる。
なのに、なぜ立ち上がる時だけ力を入れられないのか?
当初から気になっていた、右足首の固さともも部分の開き。
左足首に比べ、右足首の曲がり具合が弱いと感じていた。
その為に右足をペタッと地面につけられないのか?
今現在、障害の原因はそれくらいしか思い当たらない。
右足も均等な力で身体を支えられるようになれば、立ち上がった時、左足があれほど内側へ
向いてしまう事はなくなるように思う。
この機会に、右足を鍛えたい。

バーディ・ひよこ用餌はやはり食べないが、水きん用フードはバジル・ミントに触発されてか、
水に浮かべなくても食べるようになった。
しかし現在の、栄養不足のタイムに向いている餌ではない。
ビタミン、カルシウムの摂取は必須。
他に、養鴨業者から聞いた「元気のないあひるには砂糖水を与える」というセリフを思い出し、
飲み水に溶かして試しに与えてみる。
食欲不振は解消されたかに思えたが、バジル・ミントから離すとやはり食が細る。

今日はサニーレタスとサラダ菜を半々に与える。
梨も細かく刻んで与えてみたが、食べない。
すりおろしてみても、やはり食べなかった。


9月25日

私が見てきた中で、タイムはまだ軽症の部類に入る。
歩きこそ不自由だが、タイムはまだ立ち上がる事が出来る。
そのせいか、羽繕いをマメにする。
尾脂線も正常に働いているようで、最近はプールで遊ばせても沈まなくなって来た。

あの右に傾いてしまい、狂ったバランス感覚を何とかしたい。
座っている時でさえ、頭が自然に右側の方向へ行く。
足さえ治れば、バランス感覚も自然に戻るものなのだろうか。

右大腿部の開きについては「ギプスのガチョウさん」からヒントを得、右大腿部から胴体にかけて幅広のゴムバンドを装着。
これで動く時に大腿部を外側へ開く事が出来なくなる。
左足は封印中。
何とかその状態で歩くクセをつけさせたい。

それにしてもタイムは大人しい。
バジル・ミント(特にミント)が常に呼び鳴きをしているせいもあって、タイムの存在感を薄く感じる時がある。
ショップ時代の悲しいクセなのか、家の中ではあまり動く事もない。
本当に嬉しそうにするのは、バジル・ミントと一緒に庭に出してあげた時くらいだ。
姿を見ると、やはり白く大きいタイムは存在感があるのだが・・・・。
やはり♂なのか、体力不足のせいでない事を願う。

食事量がバジル・ミントに追いついた。
(ただし、バジル・ミントと一緒にいる場合のみ)
やはり仲間が食べているものはおいしそうに見えるらしい。
心なしか、そのうがポッコリして見える。
しかしバジル・ミントと一緒にしておかなければ食事量は半分以下になるし、いままで餌に振りかけていた
卵黄粉の与え方に困ってしまった。
バジル・ミントも食べるものに卵黄粉をふりかけ、彼らがメタボになられても困る。
彼らは十分過ぎるほどの健康体なのだ。
卵黄粉だけは、水に溶かすのが難しい。
いや、あひるの場合はダマになっていてもいいのか。
何か方法を考えなければ・・・。


9月26日

昼になり暖かくなったのでタイムの矯正器具を外し、庭に出してみた。
家の中にいるバジル・ミントを呼び鳴きする為、一緒に出す。
タイムは2羽をすっかり仲間と認めている。

歩かせてみると、やはり不自由ではあるが、タイムの右足が前へ滑らなくなった。
右足首が以前より曲がるようになったせいか、右足裏がちゃんと地面についている。
以前はフラついた時に支えるだけだった右足にも、均等ではないにしろちゃんと体重をかけて立っている。
今までは右足が前へ滑ってしまう為に、尻餅をつきながら前へ進んでいたが、ヒョコヒョコと尻餅もつかず
器用に前へ進んでいる。
ただやはり1m程度が限界。
体重を支えるだけの脚力がないのか、足の歪みのせいか、すぐに座り込んでしまう。

微妙な時期だと思っていたが、生後2ヶ月くらいの、タイム程度の歪みなら矯正も可能なようだ。
希望が出て来た。
次は左足の、人間で言うならちょうど膝の関節から下が内側に向けて歪んでしまった部分の矯正だ。
こちらはビニールテープ一本。
足首にビニールテープを巻きつけ、足の甲が外側へ向くように、大腿部へからめつつ固定する。
足の甲が外側を向いた状態になる。
血流が止まってしまっていない事を確認。
本来内側へ向いてしまっている足を、無理矢理外側へ向けている。
タイムは当然痛がり、「ヒィヒィ」と声をあげる。
かわいそうだが情をかけるより、ちゃんと歩けるようになって欲しい。
この調子なら、一週間以内くらいには歪みも大分治りそうな気がするのだが・・・・。

歪みが治りそうな希望が出て来たところで、新たな悩みが出て来た。
ようやくアイガモのバジル・ミントに何とか食欲が追いついたタイムだが、体格の大きなあひるとして
十分な量ではない。
タイムが唯一食べる水きん用フードは、栄養障害を克服させるに足る餌ではない。
サプリだけで、どこまでの補給が出来るのか。
今日の夕方、支部長と共に獣医さんの元へ向かう事になっている。
その辺りの事も詳しく教えてもらおうと思う。

支部長・奥様がタイムを見て「大きくなった!!別のあひるかと思った」と言って下さった。
我が家にはタイムの体重を測定出来る様な計りはなく、タイムの姿も毎日見ているので分からなかった。
大きくなっているという事は、栄養もそれなりに回っているのだろう。
奥様の言葉にホッと胸を撫で下ろした。

病院内で私が席を外した時、タイムは支部長ご夫妻と一緒にいるにも関わらず、私を呼び鳴きしていたらしい。
痛い事もしているが、タイムなりに私を認め、なついてくれているらしい。
今日は嬉しい事が多い。

獣医さんの話によると、市販薬はどの薬品が何mgと明記されていない為、どのくらいの割合で
入っているのか不明と言う。
箱を見ても容器を見ても説明書を見ても、確かに明記されていない。
一口にビタミンと言っても、ビタミンAやビタミンCなどといった、様々な種類がある。
そのうち、どのビタミンが入っているのかも市販薬は不明だった。
またビタミンは体内に留まれない為、すぐ排出されてしまう特性を持つ。
その為3日に一度のポポンSは継続して与えた方が良いとの事だった。
現在の健康状態も問題はなく、こちらも現状維持との指示だった。

タイムにカルシウムの補給は必須だと思う。
獣医さんの言葉で、カルビタバードにどの程度のカルシウムが含まれているのか、怪しく思えて来た。
バジル・ミントに与えているボレー粉をすり鉢ですり潰し、飲み水に混ぜる。
良い結果が表れてくれる事を祈る。


タイムの日記3

 

9月27日

通販でお願いしていたペレダックF2が届いた。
早速ボレー粉を混ぜてタイムに与えてみる。
ガツガツ食べる・・・・・・。
タイム用の小さな餌入れが、ボレー粉まで残さずあっという間に空になった。
一緒に頼んだチャボ用飼料は飢えを満たす程度しか食べないが、ペレット系は好んで食べる。
まあ将来的な事を考えるといい事なのだが・・・・。
ちょっとフクザツ。
ペレダックの方が、水きん用フードより更に食い付きの良い事が分かった。
高上がりな子だが、かわいいから許す!!
チャボ用飼料はバジル・ミントに食べてもらおう。
タイムも、2羽に吊られて食べるかもしれない。

夫が休みだったので、3羽を庭で遊ばせてくれた。
青菜はもらえるし、ご満悦の3羽。
遊び疲れたのか、家の中に戻ってからは全員爆睡。
あまりの静けさに、死んでいるのではと心配になるほどだった。


9月28日

バジル・ミントにボレー粉を混ぜたチャボ用飼料を与える。
タイムもペレダックそっちのけで、一緒になって食べていた。
タイムもやはり、バジル・ミントが食べるものはおいしそうに見えるのか。
仲間意識がそうさせるのかもしれない。

今までタイムの軸足となっていた内側に歪んだ左足裏には、2cm大の固いタコがあった。
痛がりもしていない事から、まず歩けるようになってからと、知りつつ放置していたものだ。
しかし左足封印の影響か、歩き方が少し変わって来たせいか、タコが柔らかく1cm大と小さくなっていた。
タコの果てまで、たった一週間でこんなに変わるのか・・・・・。
タイムには驚かされる事ばかりだ。

それにしても、タイムは矯正(痛い事)をされても、人間不信や人間嫌いになる様子を見せない。
それどころか、甘えや人間への依存心が日々増しているように思える。
一羽ポツンと置かれると呼び鳴きをするが、傍にいるならバジル・ミントでも私でも夫でもいいらしい。
確かに、矯正のせいで過去に目が合っただけで威嚇されるほど嫌われたアイガモより、タイムは余程軽症の部類に入るのだが・・・。
個体差(性格)も影響があるのだろう。

プールで遊ばせようと、バジル・ミントから先に外へ出した。
家の中でタイムが呼び鳴きをしている。
今日はじめて、その呼び鳴きにミントが答えた。
タイムをあれほど警戒していたバジルも、声が聞こえるベランダと私を交互に見ている。
バジル・ミントもタイムを仲間と認識した。
ミントはタイム用の餌が欲しくて(同じものなのに・・・)、時々座っているタイムの背中を踏みつけて行く。
タイムは「ヒィヒィ」と文句を言うが、何事につけても豪快なミントはお構いなし。
警戒心が解けたなとは思っていたが、こんなに早くタイムの呼び鳴きに答えてくれるとは思わなかった。

今日、タイムを泳がせていて初めて気がついた。
歩く時は左足が軸足になっている。
泳ぐ時に使うのは右足。
右足の方が泳ぐのには理想的な形になっているのかもしれない。
左足は、水中では殆ど使っていない。
水中は浮力の影響があるのであまり陸上での参考にはならないが、脚力にさほどの問題はないように思える。
やはり関節部で歪んだ足の影響で負担がかかるらしい。
今まではプールそばにいるとこちらまでずぶ濡れになるので、少し離れた場所で見ていた。
そのせいで気づくのが遅れた。
反省。

ポポンSを強制的に与えていると、クチバシの抵抗力が強くなって来たと感じた。
クチバシをこじ開ける為に挟んだ指が少し痛い。
今まで痛いと感じた事はなかった。
体力が戻って来ている証拠だろう。
糞便で汚れたお尻を洗われる時も、キック力が強くなって来ている。
今日は私の腕にツメで引っかかれた、見事なミミズ腫れを刻んでくれた(涙)

歪みを少しでも正常な位置に戻す為の矯正は続けている。
しかしタイムの足はすぐに熱を持つ。
無理がかかっているのは分かるが、子供用の冷えピタを貼りながら、騙し騙し行っている。
獣医さんにも、矯正は続けるよう指示があった。
痛いだろうが、タイムにももう少し頑張ってもらわねば。


10月5日

しばらく進展がなかったために、日記もサボってしまった。

まず、足裏のタコが完全に消えた。
これには私も少し驚いた。

矯正の方は思わぬ壁に当たってしまっている。

右足の歪みが多少矯正された今、立てない原因はハッキリ左足と判明した。
左足第一関節。
原因はそこにあると思われる。
歪みを治そうにも、無理な力をかけるとすぐに熱を持つ。
それでもくの字になった足に割り箸を当て、真っ直ぐに伸ばし、緩めに矯正してみた。
すると、一時間もしないうちに左足全体がむくんだようにパンパンになってしまった。
余計おかしくしては元も子もない。
速攻強制を断念。

獣医師の判断を仰ぎたいと思っていたところへ、関西支部長がちょうど行く予定があると言う。

タイムを連れて行きはしなかったが、ついでに現状を話し、判断を仰ぎたいと言伝をお願いした。
結果はやはり「診てみない事には何とも言えない」との事。
次回、私は法事で兵庫を4日間離れる為行けないが、その間の世話を支部長にお願いし、
15日に獣医師の元へ行く予定があると言うのでお願いする事にした。
レントゲンを撮り、関節の状態がどうなっているのか。
すぐに熱を持つ原因は何なのか。
むくんだような状態になるのは、水が溜まるせいなのか。
矯正は断念した方がいいのか、続行可能なのかなど。
知りたい事が山のようにある。

翼の先には鞘毛がたくさん生えて来た。
羽毛の中にも大人の羽が生えて来ている。
栄養は補給出来ている様子。
支部長の「少しは大きくなりましたか?」との問いかけに、体重も計れず、
毎日タイムの姿を見ている私には答えられない問いだった。
大きくなっているといいのだが。

タイムは一人ぼっちを極端に嫌う。
人間でも仲間でも、誰かがそばにいなければ呼び鳴きが止まらない。
それでも一人にされると食べる行為を放棄する。
人のそばにいる時は、膝の上に乗りたがる。
背中や頭を撫でても、ピクリとも動かなくなった。
気持ち良さそうにウットリしている。
一羽飼いでは生きて行けない子かもしれない。

食欲はそれなりに出て来たようだが、やはり我が家のバジル・ミントのように、
仲間を押し退けてまで食べようという意識はない様子。


10月9日

タイムのくの字に曲がった足を真っ直ぐに治す強制をはじめた。
熱を持っていないか確認しながらの、だましだましの作業。
足の動きを良く見ていると、左右まったく別々の動きをする足。
この骨は一体どんな事になっているのだろう?

我が家に来た頃に比べて、歪みは随分治って来ている。
餌に混ぜてボレー粉も与えているし、3日に一度のポポンS(ビタミン剤)も欠かさず与えている。
確かに若干歩き方は変わった。
くの字になった足が真っ直ぐになれば、歩けるようになるのだろうか?
他にも問題があるのでは?
私は何か見落としているのではないだろうか?
獣医師と相談しながらではあるが、あひるを見てきた先生でも、矯正に関しては尻込みする。
獣医師に「続けて下さい」と背を押されても、不安が残る。

強制されて痛いだろうに、未だ私に信頼の目を向け、抱っこをせがむタイム。
抱き上げると、私の腕を甘噛みして甘えて来る。
申し訳ない気持ちで胸がいっぱいになる。
ゴメン、でもちゃんと立って欲しい。
走るのは無理でも、歩けるだけでいい。
自在に歩き回り、飛び跳ねるバジル・ミントを、うらやましそうに見つめるタイムが不憫でならない。

タイムの糞便の量を調べる為、今日一日隔離。
悪臭を我慢して、敷き紙も一日換えなかった。
タイムの身体の1/3くらいの量があった。
多い・・・・・と思う。
これがタイムくらいの重量のあひるの、通常の糞便量なのだろうか。
まだ少ないのだろうか。
写真を撮っておこうかと思ったが、考えた末、ブツがブツだけに断念。
今度お話する時、支部長に判断を仰ごうと思う。

相変わらず青菜は良く食べる。
餌の食い付きも随分良くなった。
支部長は「犬並みに食べるのが普通」と言う。
そこまでは及ばないと思うが、もう餌や栄養の心配はいらないように思える。

矯正の状況は一進一退を繰り返しているが、食の心配がなくなり、左足裏のタコが完全に消えただけでも
良しとしなければならないのかもしれない。
欲張ってはならないと思うが、やはり気は急いてしまう。
生後3ヶ月になろうというタイム。
矯正に、もう時間は長く残されていない。

2007年11月現在のタイム君
12月の半ばにはこのような報告が入っています。 元気に歩ける日がくるのはきっと近いはず!

(^-^)

さて、リハビリ療養中のタイムですが、最近見違えるほど食が進むようになり、ゴロンと大きくなりました。
オカメインコ用にストックしていたネクトンSという鳥用のサプリメントを飲み水に混ぜて与えていましたが、
それが良かったのか偶然なのか・・・。

抱きかかえるとズッシリと重さがあります。
正常なあひるさんの大きさになる日も近いかもしれないなぁと、一人でニンマリしています。

網に不自由な両足を通し、その上に身体を置き、空中で暮らしているような状態ですので、床ずれも随分良くなり、
お腹周りにもキレイな羽が生えて来ています。

先日主人がペタペタ歩くタイムと、一緒にお散歩している夢を見たそうです。
ペローシスの手術も、そう遠い日ではないはず。

早く正夢になって欲しいなぁ。

バジル&ミント


頑張っていたタイム君は、2007.12にはすっかり成鳥の姿となり体重も4Kg近くになっていました。

手術が可能だろうとまで、体力も付いてきていた矢先・・・、
突然呼吸音の異常、口で息をしている危険な状態に陥り、病院へ行く間息を引き取っています。

私が10月にタイム君を始めて見た時は、小さな小さなアヒル君でした。

不自由な脚でコキコキしながら、懸命に泳いでいる姿が目に焼き付いています。

安らかに眠るタイム君の姿は、立派な雄アヒル君へと変えていました。
希望を持って毎日お世話をしていたバジル&ミントさんに感謝しています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です