足裏テーピング法

ahiraa2goさんのアヒル足裏治療法紹介   2010.1


上野公園から動物愛護センターに収容されていたアヒル君ですが、収容期限の6日を過ぎ、飼い主さんが現れなかったことを確認して、ahiraa2goさんが引き取りに向かいました。2009年3月

アヒル君(うえの君)の足裏は、酷い趾瘤症で立てない状態でした。

3月11日

考えてみたら自分がトウシューズを履くとき ※ahiraa2goさんはバレエの先生です
足を保護するために色々な保護パッドがあります。さっそくドラッグストアに出向き、買ってきたのがこのセット。

・インドメタシン配合のクリーム
・傷パワーパッド
・魚の目保護パッド
・キネシオテープ

タコが固くなり地面に足をつけない状態なので、直接タコが地面にふれないように、魚の目保護パッドでタコの回りをぐるっと覆い、タコに傷パワーパッドを付けて、インドメタシンクリームを塗り、テープでぐるっと巻きます。


3月15日

タコ自体、黒くなっていた皮膚が剥けてきれいになっていました。なので、傷パワーパッドはやめて、保護パッドとテープのみです。この高さだと、タコが完全にかくれないので、もう少し高さがあった方がいいのかも?
ジェルのいいやつを探してみよう。

良く見ると、タコが原因で足が腫れたのか疑問に思えます。表面はきれいなのです。何故ぽこっとしているかがわかりません。かなり固くなっています。
水掻きの付け根も腫れていて、足首にかけても腫れています。

パッドを巻く間、後ろを向かせてしばらく落ち着いてから巻き始めます。お腹が付いていないと不安定で反対の足に負担がかかってしまいます。

一日の大半はおすわりしていますが、お腹や胸などは綺麗です。そのかわり、触るとあばらや胸骨が浮き出ています。餌は食べているので、心配はないと思いますが、
あまり太らせるのも考えてしまいます。感覚的に3kgあるか、ないか位でしょう。

 

写真の左は、テーピングして上から撮ったものです。足の腫れが良くわかります。
足は、全く付けない状態だったのですが、今日あたり軽く付けるようになったようです。まだ1週間ですので、なんとも言えませんが。。。


3月20日

足の腫れがだんだんと引いてきたようです。昨日は自分でふらふらしながら、タライに入って水浴びをし、またふらふらしながら、寝床に帰っていきました。
すごい!!!目に見えて進歩しています。
足の裏の腫れも今日、テープを取り替える時に見たら小さくなっているようでした。
なかなかナイスな保護パッドを探して来ました。人の足指の間に挟むやつを切って、高さも微調整しながら、タコをはさむようにして取り付けました。


3月23日

タコの部分は、ガチガチに固かったのに、柔らかくなっていて、足全体の腫れが、だいぶ引いていました。インドメタシンは塗らなくても良さそうです。

左が15日の足で、真ん中は今日のもの写真だとあまり変っていないように見えますが、腫れが引いているので、触った感じが違います。

右は撫で撫でされつつ、うとうとしているうえ様です。

 

 

2009年3月保護時は座ったままの状態でした。


5月13日

最近ではすっかり元気になって、普通のアヒルと変らない生活をしています。保護時の写真と比べると羽はピカピカ、オメメはぱっちり、お肉も程よくついてきました。
右足の水かきが上手く広がらないので、水中でリハビリをしています。

 

その後、開かない水掻きの間にある黒ずみをハンドクリームで落としました。

いつもカサカサしていたので固くなってしまったようです。ハンドクリームは私が実際に使っているものです。

綺麗になりましたよ~。