治療が続く保護アヒルのためにクラウドファンディングに挑戦中!

お礼
2019年2月1日(金)23:00 に目標金額を大きく上回るご支援をいただき、通院の続く重症な保護アヒルたちの治療費用を集めるファンディングは無事終了しました。

149人の支援者の皆様、そしてSNSやツイッター、FBを通してあひるネットワークのファンディングを広めてくださった方がたやスタッフのメンバー、「インターネットはよくわからないよ。」とのことで、ゆうちょへ直接振り込んでくださった支援者の方々、皆様のお力があってこその到達GOALでした!またアドバイスをくださった方々、そしてReadyforのスタッフ様も本当にありがとうございました。

保護アヒルの治療に関わる費用の資金調達が大きな目標でありましたが、重症な保護アヒルが、何故怪我を負っているのか、アヒルは野鳥ではないので自然界では自力で生きていくことが難しいことなど、多くの方々へ広まっていると実感しております。アヒル(家鴨)を知っていただけたことも大きな成果の一つでした。

これからも私たちは、終生飼養の責任・飼育知識の普及・遺棄防止を発信しながら、活動を続けて参ります。今後ともNPO法人あひるネットワークをよろしくお願い致します。

【プロジェクトの終了報告】は、終了次第順を追ってこちらから発信させていただきます。
https://readyfor.jp/projects/ahirunetwork

リターン商品の発送は、スタッフと力を合わせて進行させていますので、今しばらくお待ちください。

ギャラリーCARURUさんデザインのリターングッズに関して、「ファンディング以外で別に販売はありますか?」というお声をいただいておりますが、NPO法人あひるネットワークがチャレンジした12/18~2/1までのファンディング内でのみ購入できる限定品となっております。販売は致しませんのでご了承くださいませ。

NPO法人あひるネットワークメンバー代表理事


サポートカートPJチーム
2019/01/31
いよいよ保護アヒル支援プロジェクトのファンディングも、最終日を迎えようとしています。皆様からの温かいご支援に心からお礼申し上げます。概要で掲げている補助サポートカートのマニュアル化ですが、ピピちゃんの保護主、プチカナールさんがリーダーとなり、より一層アヒルに負担のかからない素材で新規に作成します😃
カートが必要なあひるネットワーク会員:松葉さん(市姫保護主)、永井さん(メイちゃん保護主)、実際にカートを使用した塚本さんも加わり、意見交換しながら新たなサポートカートづくりをスタートさせています。



ファンディングの経過報告

保護アヒルの治療費用を集めるファンディング1/10にネクストゴール達成!!


ご挨拶
新しい年が始まりました。今年も引き続きよろしくお願い致します。

ご挨拶
年の瀬も押し詰まった慌ただしい時期のスタートにも関わらず、保護アヒル支援プロジェクトへのご支援ご声援ありがとうございました。メンバー一同深く感謝しております( ´-`)
2019年も前進あるのみです!どうぞ皆様良いお年をお迎えください。

クラウドファンディングサイトReadyforにて
保護アヒル支援プロジェクト  2/1まで


皆さんもご存じのとおり、初日の12/18深夜に第一目標設定額の60万円を達成しました!ご支援ご協力に感謝致します!どんどんご支援が伸びていく画面を見てただただ驚くばかりでした。皆さんありがとうございます!大きな励みとなりました!治療費用不足の為の資金調達が大きな目標でありますが、応援コメントを拝見しているとあひるネットワークで保護している重傷なアヒルがいることや、活動が多くの一般の方がたへ広まっていると実感しております!

ここで少しお詫びさせてください(。-_-。)

ご支援者様の住所やお名前などの個人情報は、支援募集終了後の開示となっておりますので、ユーザー名が本名・いつものHN・ツイッター名ですと判断が付きやすいのですが、全くわからない場合もあります。いただいた応援メッセージへの返信に「いつもやり取りしている私なのに距離感があるわ~」「会員登録しているのに」「協力の連絡がきて支援しているのに・・」このように思われている方もいらっしると思います。今のところユーザー名でしか判断できないのでご了承ください。

もう一つ(。-_-。)

今まであひるネットワークを応援してくださっている方々で「パソコンは検索、メールしかできず、スマホも持っていません。今のご時世でのネットでどうのこうのとよくわかりません。」とのことで、「いつもどおりあひるネットワークの口座に寄付させてください。」という連絡がありました。ID登録もあるのでその辺配慮が足りなかったかもしれません。すみませんでした。

目標金額を超えても総額すべてが資金調達額となります!

目標金額の60万超えたらどうなるのか?「到達したので今日終了します。」というシステムではないため、当初設定した45日という期間、引き続きプロジェクトは続いていきます。どうか最後まで見守ってください。

NEXTGOAL挑戦中!12/25より第2目標となる、ネクストゴールに挑戦!酸素室(酸素テントと酸素発生機)の購入を検討させてください。引き続き保護アヒル支援プロジェクトをよろしくお願い致します。

新着情報に 保護アヒルシャクちゃん、ピピちゃん、メイちゃん、宝来吉の様子をUP!
プロジェクトページ新着情報


保護アヒル支援プロジェクト
 ~重傷を負った保護アヒルたちに継続した治療を!~

いつもあひるネットワークのwebサイトをご覧いただきありがとうございます。また日頃からのご支援に感謝致します。

12月18日(火)の午前10:00スタート!クラウドファンディングサイトReadyforにて、今でも通院の続く重症な保護アヒルたちの治療費用を集めるファンディングを開始しています。

https://readyfor.jp/projects/ahirunetwork
挑戦中!

こちらのクラウドファンディングトップ社会にいいこと動物
動物に関するプロジェクト にて公開


▼プロジェクトの目的▼

■保護アヒルたちが健康を取り戻せるように継続して獣医師さんの元へ通わせたい。
■歩けなくなったアヒルたちのリハビリ用補助サポートカートの作成/マニュアル化。


▼何故、資金不足に直面しているのか▼

2年ほど前から、野外で重傷なアヒルを保護するケースが相次ぎました。今までは脚を傷めて動けなくなる関節炎や趾瘤症が多かったのですが、別々な場所で保護されていながら、東京で保護をした1羽は全身に三箇所の骨折の跡がみつかり、「高い所から叩き付けられたか、自転車で轢かれたような状態。」「野外にいて自然に起こる怪我ではない。」獣医師からこのように告げられ、埼玉での保護アヒルに至っては、背骨の骨折が5、6箇所も有り、脊椎損傷による下半身付随と診断されました。虐待を受け苦しんでいたのです。今現在も東京都のシャクちゃんは状態が良いとは言えず、これからも血液検査やレントゲン、精密検査が必要になってきました。

保護施設を持たないわたしたちは、スタッフの自宅をアヒルシェルター代わりとして受け入れた保護アヒルたちを療養させています。フードやペットシーツ、健康を補うためのサプリメントなどの飼養費用はすべて各個人が負担してきました。今までは会費と皆さまからの温かいご寄附で保護アヒルたちの治療費を捻出してきましたが、重傷を負ったアヒルたちの保護により、治療費のみの支出でも資金が枯渇しかけています。
治療中保護アヒル


アヒルたちは元の姿には戻らないかもしれません。痛みや辛さを取り除き少しでも健康を取り戻せるのなら、専門医の元治療を続けさせてあげたい。必要なサプリメントや補助カート、サポート用品の補充にも目を向けていきたい。

運営を維持していくため、保護アヒルたちが元気にストレスなく療養するためにも、どうか皆様、満身創痍で頑張っているアヒルたちへの応援・ご支援をお願い致します。

▼クラウドファンディングでの返礼品(リターン品)について▼

費用に限りはございますが、会員メンバー協力の元素敵なあひるグッズをお届けいたします。返礼品を必要とされない方のご支援も選択できます。
(より多くのご支援をプロジェクトに充てさせていただくことができます。)



クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて「人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるもの」です。「ALL or NOTHING」という仕組み上、目標額に1円でも到達しないと不成立になってしまい、それまで集まった支援金が受け取れなくなってしまいます。

なんとしてもこのプロジェクトを成功させ、充実した資金で途切れることなく保護アヒルたちに治療を受けさせてあげたいです。どうかよろしくお願い致します。

12月18日(火)10:00より
挑戦中!

こちらを クリック

NPO法人あひるネットワークメンバー一同

決定「あひるの羽募金のキャッチフレーズ」

「あひるの羽根募金」のネーミングが決定いたしました。

大賞
「あひるの白い羽根~未来募金箱」
東京都 RAKU 様 に、決まりました。

次点
「アヒル救い隊」
神奈川県 黒羽拓真 様

佳作は賞品の発送をもって発表と代えさせていただきます。

「大変な接戦でした。大賞と次点はわずか1点差。3位以下の案も甲乙つけがたい素敵な案ばかりでした。応募してくださったみなさま、ありがとうございました。」


保護アヒルの治療費や薬代のために寄附金の他、店舗や施設でアヒル羽根募金をスタートさせます。その募金名のキャッチフレーズを募集していました。

大賞(採用):1名
山梨アヒル学園長手作り、世界にひとつのドリームキャッチャー♪プレゼント

佳作 麻布トリリオン(Support sponsors)賞:3名
あひるの羽根でつくったしおり等♪プレゼント。

・あひるネットワーク会員が作った「アヒルの羽根しおり」羽根の生え代わり時期に溜めておいた羽根を使用。


Support sponsorsプチカナールさん店舗では、アヒル羽根募金を始めております。募金をくださった方々へ羽根しおりをプレゼント中です。

目黒区フリマでも展開進行中です♪

ZOOFOODのご注文はこちら 

ZOOFOODを取り扱うようになったきっかけ      塚本相談役  有)TMfactory


ZOOFOODはシリーズもので、名前からお分かりかと思いますが、動物園で長期飼育用に開発されて使用されている飼料です。アヒルは通常採卵用、もしくは食用のカモ肉として飼育されることが多く、ましてや北京ダックは少ない飼料でどれだけ短期間で太れるか、ということを主眼において「改良」された家禽ですから、なかなか同じDNAを持った野生のカモのように20年も生きることはありません。(肉用のアヒルはニワトリと同じで1年くらいで肉として出荷されてしまうので)

だから1年で足の関節がだめになっても、誰もそんな事を気にしないような種の「改良」をされてきたのです。動物園などで、「どれだけ長生きしたか。
」ということに意味がある場では、長期飼育に堪える飼料に気を遣っており、我が家でもこの飼料を使い始めて、メスの異常な産卵や肥満が解消され、羽の艶も良く、飲み水も汚れないので、夏場の汚水による感染症も防げて大変助かっています。

33-web(mimiさん)画像よりzoofood

<成分表示>
粗蛋白16%
粗脂肪5.8%
粗繊維4.7%
粗灰分6.9%
カルシウム1.5%
リン0.6%
ME2,848Kcal/kg
これだけでは通常は栄養過多になるので、重量的におおざっぱに言えば、これに同量の青菜等(小松菜、タンポポ、ハコベ、スギナ、等。また色揚げ用と制癌作用を期待してトマト等)を与えています。


[価格のお知らせ]
2018年4月より、10㎏ 2,300円 に値上げさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願いいたします。
送料は10㎏:名古屋近辺で1,480円、少し遠方になると1,580円、1,700円、2,120円、2,980円となります。

2019年お知らせ

※ご迷惑をお掛けしております。電話番号に謝りがありました。1/31現在訂正済みです。よろしくお願い致します。 


 

ホームページリニューアルのお知らせ

あひるネットワークのホームページをリニューアルいたしました。


URLは http://ahirunetwork.org/ に変更となりました。
恐れ入りますが、お気に入り登録等の変更をお願いいたします。
現在移転を進めつつ公開中です。
会員用ページの運営等につきましては、後ほどメールにて会員様へお知らせを予定しております。

今後とも、あひるネットワークをどうぞ宜しくお願いいたします。