アヒルとタンパク質

タンパク質の摂取がアヒルの発情と関係している・・・?与えるべき栄養素かな? 会員Facebookにて意見交換。


<相談内容>

「現在、健康の為にタンパク質を与えたくて色々調べているのですが、あまり情報がなく、スーパーで売っている生の魚やササミ、卵を茹でたものは与えても大丈夫なのでしようか?また、おすすめのタンパク質はありますか。(虫やミルワームには少し抵抗があるため、他のもので良い食材があればと考えています。)


<集まったコメント>
・おから
・頻繁に米ぬかを与えています。良いかどうかは不明です・・。
・「ドジョウ」釣り餌屋で「シラサえび」買って与えてました。
・ミルワームパウダー
・ジャコ、シラス、大豆の水煮、豆腐、干しアミ、時々鶏用の煮干しを砕いた物のどれかをご飯にトッピング。
・外で散歩中にミミズを食べたりしてるのでミミズもタンパク質?
・フタホシコオロギのMLサイズをあげています。かかりつけの先生にあげて良いか確認済みです。


ちょっと待って?!タンパク質は必要な栄養素かな?

タンパク質にこだわらなくてもいいと思うけど・・。逆に卵管など内臓のトラブル カルシウム不足が心配です。
ビタミン豊富なキャベツなどの野菜や、土遊びで補給しているミネラル成分、 採卵用ではない愛玩用の鶏の餌など 、zoofoodは
量が多いと体重が増えて臓器と脚のトラブルにつながると思うよ。

発情のトラブルになり兼ねない?

アヒルの食事に関しては皆さんそれぞれで、ハッキリとしていないのが現実だと思いますが、批判を恐れずお伝えさせていただくと、逆にタンパク質は与えすぎないように注意すべき栄養素だと思います。タンパク質の過剰摂取は無理な産卵を継続させ、様々なトラブルにつながります。大丈夫な子もいるかもしれませんが、以前卵巣肥大による突然死、タンパク質過剰による腎不全を経験しました。獣医師さんにも食事指導をしてもらい、腎不全から復活7才になった今も落ち着いています。もちろん、年齢や傷の回復などタンパク質が必要な状況の子もいますが、ご質問の方の状況を推察する限りでは、タンパク質を追加するどころか、与えすぎではないかと思います。

煮干しは良くない?

以前は煮干し3匹毎日あげてました。卵産むからと思い・・。ですが卵巣腫瘍になり気づいたときにはご飯を残すくらいお腹パンパンに! そして手術!今は計算値忘れましたが、ペレットや野菜のタンパク質総量計算して大丈夫?というくらい少なくしてます。日々のタンパク質はペレットになるかな。ただ換羽時期や、1~2週間に一度くらいコオロギなど数匹あげてます。いつもお腹すかして可哀想ですがこの食事以降トラブル発生してません。

メスならタンパク質は最低レベルで、カルシウム重視!

与えているのは、茹で蕎麦、豆腐、湯通ししたシラス、ドジョウ、ワカサギの煮干しなど。

 

あひるネットワーク会員Facebookより  2018.9

発情のトラブルを防ぐには・・・?

発情のトラブルについて、当webサイトでは十年以上も前から公開していますが、どのアヒルにも最適な対処法は未だに見つかっていません。
健康 アヒルの発情

それでも少しずつ改善策がみつかってきています。アヒル飼いの方たちで医師からの指導を基本にしたり、情報を集め、そのアヒルの個体に合わせた対応を試行中です。実際に食事制限を行い、常にアヒルたちのダイエットを心がけている食事内容や飼い方をご覧いただけたらと思います。(獣医師さんの指示の元おこなっています。)


発情について意見交換 会員Facebookより 会員テケチハさん

食欲がなく、木曜日の朝診察を受け、形成不全の卵が卵管内から出にくくなっており、食欲も元気もあって身体の状態が良いのでお薬で様子を見るように言われていたチハですが、土曜日のお昼に殻の無い卵を無事に産卵しました。テケはいつも硬い卵を産んでいますが、チハは去年も一度殻の無い卵を産んだ事があります。

2羽同じようにたくさんボレーと卵の殻を与えていますが、チハは形成不全の卵を産みやすい体質なのかもしれません。昨日からは食事にネクトンMSAも加えるようにしました。過発情を防ぐためタンパク質はたまに庭のミミズやダンゴムシ、お豆腐を食べてるくらいです。zoofood  は、1日あたり1羽分1合で主に小松菜レタストマトなど野菜を食べています。

<質問>
アヒルの発情抑制のためホルモン治療など注射や薬などを使った経験のある方はおられますか?主治医の先生は、「ウズラやセキセイインコにホルモン治療をする事があるが効果は必ずしもあるわけではない。」との事です。効く子には効くが効かない子もいるそうです。どうしても2羽で仲良くしてしまうので私が発情をやめさせたりする事ができません。


<コメント:会員ちなさん>
ホルモン治療はしたことはないです、やってると聞いたこともありません。
発情抑制の手段としては、体重、食事、光、一緒にプールに入れない、がありますよね。程度の差こそあれ、やはり産卵は身体に負担が掛かるんですよね。

<テケチハさん>
体重はテケが1.6kg、チハが1.5kgでチハはかなり痩せ型だと思います。同時に庭に出さないとテケがすぐ大声で呼び鳴きしてしまうので2羽を別々にするのが難しいです。夜も脚のために室内にプールを置いているので…😓物理的に防ぐのは難しいですね。

<コメント:会員ちなさん>
そうですよね、うちも先生にプールを別に入れるように言われましたが呼びあうので不可能です。なので、体重、食事、光を意識していれば産卵を抑えられますよ。うちのテケチハちゃん達と近い体型のくー(青首アヒル)は体重1.4以上1.6kg以下でコントロールしてます。それ以上だとワニワニごっこ(交尾)するっていう体重が管理目安です。体型が北京より小さいぶん、管理範囲も狭いので注意してマメに測ってます。
キュウリのような太らなそうな食事でもあまり大量に毎日あげているとお腹を満たしたい!と食欲が刺激されたり内臓に負担が掛かるのか体調崩します。

ちなみに、うちのくーは、低タンパクドッグフード8g/白米6g/小松菜10gです。これを1日2回。あとは庭で虫食べたり、時々赤ちゃんの拳程度のフルーツなどのおやつを食べたり。

同じようにご飯をあげても太らない子、やせ形の子は食事制限すると体力が落ちるので減らしすぎないように気を付けて下さいね。

<テケチハさん>
ありがとうございます!zoofood 1合を計ってみたら54gあったので1日あたりだと多いかもしれませんね😓徐々に減らそうと思います。アヒルの食事は新鮮な野菜がたくさん必要と思っていつもあげ過ぎていたかもしれません。食べる事でかえって食欲が刺激されるということもありますね!様子を見ながら全体的に食べる量を減らしていってみようと思います😊

<コメント:会員ちなさん>
お腹に残っていたものが出て良かったですね。食事とか光とか色々ありますが、テケちゃんチハちゃんとご家族にとって無理なく最適な条件が見つかるといいですね。


<コメント:会員稲垣さん>
卵を産ますとか目的があれば別ですが、うちのコモモさんは産卵系トラブル以来一食は、ペレット大さじ1杯/オーツムギ小さじ1/野菜100gです。
トラブル前は豆腐入れてましたが止めました。たまーにペレット大さじ2~3をあげてました。
基本毎日体重計測してます。北京のメスですが2.5~2.8kgになるようにしてます。それ以来発情もなくなりました。それが良いか悪いかは分かりませんが 庭で色々食べているなら、zoofoodとか少なくて良いと思います。個体差ある思うのであくまでご参考にです。

ホルモン治療ですが、うちも先生にアヒルに効果あるか分からないのでやめておきますと言われました。

<テケチハさん>
ありがとうございます!アヒルへの効果は分からないのですねやはり効果の曖昧なものをあまり使うべきではないのかもしれませんね😥
ペレット大さじ1杯はかなり少なく感じますが、そのくらい少量の方が良いのでしょうか?ペレットの量の適正はどこにも書いてないので前々からどのくらい与えるのが正しいのだろうと思っていましたレタスやキュウリなどの野菜なら太らないだろうと思ってかなり与えてしまっていましたが、野菜の量も制限した方が良いのですかね?コーンのような太る野菜は一切与えていないのですが

<コメント:会員稲垣さん>
正直いまだに悩みながらです。一度モモちゃん入院時にいつもの食事では体重がふえる一方で、少しずつ減らして今の量に落ち着きましたが悩み中です。 もう少しあげたいな思ってますが、病気与える苦しみが怖くて、いっそ肉目的の家畜みたいに沢山食べて3年で・・の方が幸せかなと考える今日この頃です。 コーンが太るというのは炭水化物で、発情に影響があるのはタンパク質と勝手に思ってます。     アヒルとタンパク質

<テケチハさん>
アイガモもたくさん食べたがりますが、ペキンさんはもっと太りやすい体質ですものね(;_;)女の子の飼い主さんは悩ましいですね。徐々にzoofoodの量をもう少し減らしてみようと思います。ありがとうございます🙏



稲垣家 ももち こもも


ちな家 くー るー

アヒルさみっとでアヒル同士が集まる機会があったとき、用意してあったご飯に一目散に駆け寄り食べていたのを思い出します。普段のこももちゃん、ももちちゃん、そしてくーちゃん、るーちゃんは、発情のことを考え食事をコントロールしていたのです。
発情については、もう10年以上も前から「この方法が一番良い!」というものがありません。少しでもアヒルの個体にあった方法を見つけ出せればと、皆さんの情報を集め発信しています。


日照時間をコントロール 遮光カーテンを利用

<コメント:会員麻野さん>
二羽で仲良くしていると、発情おさえるのも難しいですね。お部屋を暗くしたりしてもダメでしょうか?きゅーちゃんは、日照時間減らすとピタリとおさまりました。先生は、「日照時間が1番効くよ!それを徹底しているとおさまってくるから。」と言われてしましたが、なかなか難しいですよね…

<テケチハさん>
きゅーちゃんは日照時間を減らしたら収まったのですね!りんこさんのツイッターで以前その事を見かけていたので、午後からは遮光カーテンを引いて暗くしてお昼寝させています鴨部屋が北向きなので朝夕に日差しは入らないですがカーテンはないので、陽のある時間帯は明るくなってしまいますね😥お風呂場にも付けられる遮光カーテンがないか探してみます!ありがとうございます😊

<その後の効果:テケチハさん>
明るい時間は1日8時間以内、連続して16時間真っ暗な時間を作ることを心掛け、夕方4時に部屋に入れて、翌朝8時に起こすようにしました。窓に遮光カーテンを取り付け、出入り口も電気の光が入らないようにここにも遮光カーテンを取り付けています。連続して16時間暗くするのがポイントらしく、途中で電気をつけたりすると鳥の体内時計がリセットされるそうです。


あひるネットワークnishida     2019.1

大阪府「第25回フリーマーケットFOR平和・福祉フェスティバル」参加

11月11日に中央公園南グラウンドで開催された「第25回フリーマーケットFOR平和・福祉フェスティバル」に、大阪府茨木市会員上原さんが、クッキー(北京ダック雄:9ヶ月)を連れて参加。地元情報発信サイトより取材を受けています。



パンフレットで終生飼養の責任・遺棄防止を呼び掛けました。

クッキーの換羽 で作ったストラップ。

11/28 あひるネットワークへ寄附

茨木ジャーナルから取材がありました 「以前、参加したフリマで地元サイトのいばジャルさんに取材して頂いた記事です。」facebookより


大阪府会員:上原美樹さん
2018年5月に里親サイトよりクッキーを引き取る。あひるネットワークへの「羽根募金ネーミング募集に参加」のち会員となる。クッキーの飼育環境は、出入り自由な100Lタライを設置、毎日水替え。1日4回ほどにわけての食事、食後は水浴び、おやつにはキャベツやミルワーム。日没後には室内、就寝は玄関と一日過ごす場所を分けています。

 

治療が続く保護アヒルのためにクラウドファンディングに挑戦中!

お礼
2019年2月1日(金)23:00 に目標金額を大きく上回るご支援をいただき、通院の続く重症な保護アヒルたちの治療費用を集めるファンディングは無事終了しました。

149人の支援者の皆様、そしてSNSやツイッター、FBを通してあひるネットワークのファンディングを広めてくださった方がたやスタッフのメンバー、「インターネットはよくわからないよ。」とのことで、ゆうちょへ直接振り込んでくださった支援者の方々、皆様のお力があってこその到達GOALでした!またアドバイスをくださった方々、そしてReadyforのスタッフ様も本当にありがとうございました。

保護アヒルの治療に関わる費用の資金調達が大きな目標でありましたが、重症な保護アヒルが、何故怪我を負っているのか、アヒルは野鳥ではないので自然界では自力で生きていくことが難しいことなど、多くの方々へ広まっていると実感しております。アヒル(家鴨)を知っていただけたことも大きな成果の一つでした。

これからも私たちは、終生飼養の責任・飼育知識の普及・遺棄防止を発信しながら、活動を続けて参ります。今後ともNPO法人あひるネットワークをよろしくお願い致します。

【プロジェクトの終了報告】は、終了次第順を追ってこちらから発信させていただきます。
https://readyfor.jp/projects/ahirunetwork

リターン商品の発送は、スタッフと力を合わせて進行させていますので、今しばらくお待ちください。

ギャラリーCARURUさんデザインのリターングッズに関して、「ファンディング以外で別に販売はありますか?」というお声をいただいておりますが、NPO法人あひるネットワークがチャレンジした12/18~2/1までのファンディング内でのみ購入できる限定品となっております。販売は致しませんのでご了承くださいませ。

NPO法人あひるネットワークメンバー代表理事


サポートカートPJチーム
2019/01/31
いよいよ保護アヒル支援プロジェクトのファンディングも、最終日を迎えようとしています。皆様からの温かいご支援に心からお礼申し上げます。概要で掲げている補助サポートカートのマニュアル化ですが、ピピちゃんの保護主、プチカナールさんがリーダーとなり、より一層アヒルに負担のかからない素材で新規に作成します😃
カートが必要なあひるネットワーク会員:松葉さん(市姫保護主)、永井さん(メイちゃん保護主)、実際にカートを使用した塚本さんも加わり、意見交換しながら新たなサポートカートづくりをスタートさせています。



ファンディングの経過報告

保護アヒルの治療費用を集めるファンディング1/10にネクストゴール達成!!


ご挨拶
新しい年が始まりました。今年も引き続きよろしくお願い致します。

ご挨拶
年の瀬も押し詰まった慌ただしい時期のスタートにも関わらず、保護アヒル支援プロジェクトへのご支援ご声援ありがとうございました。メンバー一同深く感謝しております( ´-`)
2019年も前進あるのみです!どうぞ皆様良いお年をお迎えください。

クラウドファンディングサイトReadyforにて
保護アヒル支援プロジェクト  2/1まで


皆さんもご存じのとおり、初日の12/18深夜に第一目標設定額の60万円を達成しました!ご支援ご協力に感謝致します!どんどんご支援が伸びていく画面を見てただただ驚くばかりでした。皆さんありがとうございます!大きな励みとなりました!治療費用不足の為の資金調達が大きな目標でありますが、応援コメントを拝見しているとあひるネットワークで保護している重傷なアヒルがいることや、活動が多くの一般の方がたへ広まっていると実感しております!

ここで少しお詫びさせてください(。-_-。)

ご支援者様の住所やお名前などの個人情報は、支援募集終了後の開示となっておりますので、ユーザー名が本名・いつものHN・ツイッター名ですと判断が付きやすいのですが、全くわからない場合もあります。いただいた応援メッセージへの返信に「いつもやり取りしている私なのに距離感があるわ~」「会員登録しているのに」「協力の連絡がきて支援しているのに・・」このように思われている方もいらっしると思います。今のところユーザー名でしか判断できないのでご了承ください。

もう一つ(。-_-。)

今まであひるネットワークを応援してくださっている方々で「パソコンは検索、メールしかできず、スマホも持っていません。今のご時世でのネットでどうのこうのとよくわかりません。」とのことで、「いつもどおりあひるネットワークの口座に寄付させてください。」という連絡がありました。ID登録もあるのでその辺配慮が足りなかったかもしれません。すみませんでした。

目標金額を超えても総額すべてが資金調達額となります!

目標金額の60万超えたらどうなるのか?「到達したので今日終了します。」というシステムではないため、当初設定した45日という期間、引き続きプロジェクトは続いていきます。どうか最後まで見守ってください。

NEXTGOAL挑戦中!12/25より第2目標となる、ネクストゴールに挑戦!酸素室(酸素テントと酸素発生機)の購入を検討させてください。引き続き保護アヒル支援プロジェクトをよろしくお願い致します。

新着情報に 保護アヒルシャクちゃん、ピピちゃん、メイちゃん、宝来吉の様子をUP!
プロジェクトページ新着情報


保護アヒル支援プロジェクト
 ~重傷を負った保護アヒルたちに継続した治療を!~

いつもあひるネットワークのwebサイトをご覧いただきありがとうございます。また日頃からのご支援に感謝致します。

12月18日(火)の午前10:00スタート!クラウドファンディングサイトReadyforにて、今でも通院の続く重症な保護アヒルたちの治療費用を集めるファンディングを開始しています。

https://readyfor.jp/projects/ahirunetwork
挑戦中!

こちらのクラウドファンディングトップ社会にいいこと動物
動物に関するプロジェクト にて公開


▼プロジェクトの目的▼

■保護アヒルたちが健康を取り戻せるように継続して獣医師さんの元へ通わせたい。
■歩けなくなったアヒルたちのリハビリ用補助サポートカートの作成/マニュアル化。


▼何故、資金不足に直面しているのか▼

2年ほど前から、野外で重傷なアヒルを保護するケースが相次ぎました。今までは脚を傷めて動けなくなる関節炎や趾瘤症が多かったのですが、別々な場所で保護されていながら、東京で保護をした1羽は全身に三箇所の骨折の跡がみつかり、「高い所から叩き付けられたか、自転車で轢かれたような状態。」「野外にいて自然に起こる怪我ではない。」獣医師からこのように告げられ、埼玉での保護アヒルに至っては、背骨の骨折が5、6箇所も有り、脊椎損傷による下半身付随と診断されました。虐待を受け苦しんでいたのです。今現在も東京都のシャクちゃんは状態が良いとは言えず、これからも血液検査やレントゲン、精密検査が必要になってきました。

保護施設を持たないわたしたちは、スタッフの自宅をアヒルシェルター代わりとして受け入れた保護アヒルたちを療養させています。フードやペットシーツ、健康を補うためのサプリメントなどの飼養費用はすべて各個人が負担してきました。今までは会費と皆さまからの温かいご寄附で保護アヒルたちの治療費を捻出してきましたが、重傷を負ったアヒルたちの保護により、治療費のみの支出でも資金が枯渇しかけています。
治療中保護アヒル


アヒルたちは元の姿には戻らないかもしれません。痛みや辛さを取り除き少しでも健康を取り戻せるのなら、専門医の元治療を続けさせてあげたい。必要なサプリメントや補助カート、サポート用品の補充にも目を向けていきたい。

運営を維持していくため、保護アヒルたちが元気にストレスなく療養するためにも、どうか皆様、満身創痍で頑張っているアヒルたちへの応援・ご支援をお願い致します。

▼クラウドファンディングでの返礼品(リターン品)について▼

費用に限りはございますが、会員メンバー協力の元素敵なあひるグッズをお届けいたします。返礼品を必要とされない方のご支援も選択できます。
(より多くのご支援をプロジェクトに充てさせていただくことができます。)



クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて「人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるもの」です。「ALL or NOTHING」という仕組み上、目標額に1円でも到達しないと不成立になってしまい、それまで集まった支援金が受け取れなくなってしまいます。

なんとしてもこのプロジェクトを成功させ、充実した資金で途切れることなく保護アヒルたちに治療を受けさせてあげたいです。どうかよろしくお願い致します。

12月18日(火)10:00より
挑戦中!

こちらを クリック

NPO法人あひるネットワークメンバー一同

お役立ち情報 掲示板問い合わせフォームより質問回答

アヒル肝炎発生について

孵化させたばかりのアヒル曲がった脚を直してあげたい

ドヤ顔+)アヒル選手権

コールダックって・・・?コールダック紹介

陰茎脱 公園の雄アイガモ

雛を保護しました アイガモ?カルガモ?野鳥でしょうか?

ひなのじかんはみじかいよ

アヒルの飼い方()フィッシュランドイシハラ店配布案内書協力

写真館アヒルと雪 雪中行軍

写真館アヒルと海 あひあひ海へ行く

アヒル介護用品に着目 ブログ 今日のペット

EM活用術アヒル編 アヒルの臭い対策

実録看病記録~発育不全や脚の湾曲~

脚に障害を持った中雛のリハビリ日記

ギブスのガチョウ 飼育員さんと意見交換

捕獲保護はどのように

アヒルを移動させるときの注意~車、電車、タクシーなど~

アヒルの体 気嚢 そ嚢

アイガモ農法~家鴨たちのもうひとつの姿~

俺の名はガチャオ~東京都落合二中のアヒル~