あひるちゃんの様子

とても残念なお知らせですが、あひるちゃん(水ちゃん)が虹の橋を渡っていってしまいました。二週間前からの足の化膿も良くなり、尾っぽの方も通院や酵素漢方で何とか乗り切っていたのですが、あひるちゃんは新ちゃんの元へ飛び立ちました。
野外で保護されたアヒルは、何歳なのか、何を食べてきたのかわかりません。鳩や野鳥と接触する環境にいたこともあり様々な感染症を引き起こす可能性も高く、健康な体に戻ることは難しいと改めて実感しています。自然な環境で遭遇する困難よりも、人為的な危害を加えられていたことは本当に悲しく辛いものがありました。
あひるちゃん、安らかに・・・。2018/06/22

行政の方々は県知事への提言にも記載しましたが、動物たちだけでなく公園に訪れる人々への安全にも関わることなので、改善に取り組んでいただきたいと強く願います。


足の悪い3羽、悪いなりに外遊びを楽しんでいます。
(寿吉ちゃん、大吉ちゃん、水ちゃん)2018/04/30


我が家にも春が来ています 2018/03/31

 

一年前、保護里親預りしている水さん、あちこち傷病はあるけど和やかにやってます。2018/03/04


大吉ちゃん   水ちゃん(あひるちゃん)↑通院&酵素漢方が効いているのか尾っぽの産毛が生えてきています。


水ちゃん(あひるちゃん)しっかり立てています。     大吉ちゃん


診察にて、原澤さんより
「触診と血液検査を行い、結果的には内科的には肝臓を病んでいると医師から言われています。また、右足の足裏の古傷からばい菌が入り炎症を起こしています。肝臓疾患から様々な血液検査の値がよくありません。食欲も減退ぎみで野菜を口にしなくなってしまいました。明日からは薬を水でとかし、シリンジで強制的に飲ませようと思います。肝機能を高める薬、整腸剤、抗炎症剤、抗生物質、ビタミン・カルシュウム剤など様々な薬を服用しています。」※その他、酵素漢方を取り寄せる。2017/12/27


大吉、寿吉と一緒に過ごすあひるちゃん。少し歩くと座ってしまう状態です。

youtube動画  柿とあひるちゃん1  
柿とあひるちゃん2

西田訪問   2017/11/30

久しぶりに水ちゃん(新ちゃんのお兄ちゃんだったので「にいちゃん」とも呼ばれています。)に会って来ました。大吉ちゃんと離れ、今はサッちゃんとコールダックのマメちゃんと3羽で一緒にいます。小屋から出て、特別にオヤツTIME♪良い食べっぷりのあひるちゃんでした♪羽根がポシャポシャしているのは、換羽から少し復活できてないのかな?会員の皮膚科の医師に聞いてみたところ、おからやすりゴマをご飯に加えればタンパク質が補充され、改善できるとのことです。


マメちゃん サッちゃん あひるちゃん

うーん、みんなと一緒がいいんだよ~(小屋に戻ろうとする)
しかし、柿が見えた途端・・・!!

ダッシュっ

【原澤さんちへやって来た日 あひるちゃん新ちゃんの想い出】youtube動画

原澤さん宅で会合があり、水ちゃん(すいちゃんと呼ばれています、あひるちゃん。)の様子を見て来ました。尾っぽを必要以上に嘴でいじってしまう癖があるようでなかなか完治しないようですが、足裏はすっかり綺麗になっています。靴下のようなテーピングも無しです。相変わらず大ちゃんと共に行動。涼しい場所でくつろいでいました。
2017/06/03

新ちゃんは、原澤さんの先住アヒルたちと一緒にお仏壇に並んでいました。
庭には元気になったあひるちゃんがいつもいます。新ちゃん安らかに・・・

新さんがよく座っていたところに着座しました。そして、新さんを探すような鳴き声。思い出したのですね。 2017/05/03

水さん            大さん


もうすぐ治りますよ! 2017/05/01


大さんと水さん、水浴び中。 2017/04/24


なぜか大さんとだけは仲がいいです☀

すいさん、多分、家の中で一番強いです。大さんはもとキングで、今はチビッ子にもイビられるのに、その大さんに水さんはなついています😅この季節、男女仲だの、男の喧嘩だの大変な状況で生傷は絶えないアヒルさん達です。 2017/04/19


水さんが池で遊べて楽しそうです。やっと、原虫が駆除されたのでみんなと一緒にできます。大吉と仲良くなりました。でも、みんなと一緒の小屋に入れたら、四方八方に因縁をつけています。相当の腕っぷしです😅  2017/04/15


訃報  2017/04/12

今朝、新ちゃんが原澤さんの腕の中で眠るように息を引き取ったと連絡が入りました。前日も変わった様子もなく、ご飯も水さん(あひるちゃん)と一緒に食べていたとのことでした。

今朝、水吉ばかりご飯を食べて少ししか口を付けない新ちゃんを原澤さんが抱えると、ワナワナと震え出し大羽根を力いっぱい動かそうとしたまま(アヒルは天国へ向かう前に大きく羽ばたこうとします。)全身の力が抜けていき、ゆっくりと新ちゃんは目を瞑ったそうです。ほんの2~3分の出来事だったと報告されている間もずっと新ちゃんを抱っこしたままでした。

新ちゃんは保護された後、東京の病院で「生きているのが不思議なくらいの大怪我を負っている。」と説明を受けていました。脊椎損傷による下半身付随。それから2カ月近く、不自由な体でも芝生の上で頑張っていたね。もう怖いことは何も無かったね。

水さんを小屋から連れ出して、横たわった新ちゃんに会わせようとしても、わからないのか、すぐに小屋の中に入ってしまいます。1羽になった水さんを見つめ原澤さんはつぶやきました。「朝からあのような様子です。新さんを待っているのだと思います。」原澤さんのお家に来てもずっと新ちゃんにベッタリだったものね。

春になったというのに、昨日はとても寒い一日でした。寒の戻りが続き気温の変化に耐えられなかったのかもしれません。少し開いた嘴の中には、水さんと食べた朝ご飯のかけらが残っていました。夜間の公園でひっそりと冷たくなるよりも、ずっとずっと幸せな最期だったと思います。

新ちゃんの好きだった芝生の上で、花を手向けお線香をあげさせてもらいました。本日の午後1時にお寺にて火葬されます。


水さんは元気もりもりです。タコも少しずつよくなっています。新さんは、何とも仕方がないのですが変わらず不自由そうにしています。 2017/04/09

足裏はかなりよくなってきました。恐らくあと一月位でなおると思います。デュオアクティブとの相性がいいようです。


再診 2017/03/18

鼻の穴回りは、まだ炎症がおさまっていないので流水洗浄のあと消毒液で治療。尾脂腺の腫れはもう少し良くならないといけないようです。目のまぶた付近の感染は良くなってきました。しかし、右目の視力はないようです。足裏のタコは地道にデュオアクティブで保湿しながら古く固い死んだ組織をむしりとりながら(出血を確認しつつ血が出ても新しい組織を露出させる)新しい組織の再生を促すです。少しはよくなってきました。但し、まだ、原虫がいるようで、他のアヒルたちとは一緒に出来ません。新さんは、なんか元気がないと言うか大人しくて、かわいそうになります。治療の手段はないようです。


埼玉県行田市にて保護していただきお預かりした、2羽はだいぶ我が家に慣れてきました。水城吉は初めはかなり人間に警戒していて私に全く近寄りませんでした。でも、今はかなり仲良くなれています。ようやく、アヒルの食べ物や野菜も食べるようになってくれました。足のタコも治療中です。昼間は芝生の上で遊ばせています。新さんは不自由ながらも大羽で移動してそれなりにゆっくりと過ごしている様子です。2017/03/12


里親さんの原澤ご夫妻に足裏や鼻の消毒をしてもらい、足裏を守るためにテーピングをします。原虫除去の薬を飲んでいます。2017/03/04


尾脂腺の腫れもおさまってきました。※尾脂腺  脂を分泌する部分、この脂を嘴で取りゴシゴシ羽根繕いをする。


足裏の消毒。

消毒液を何度もかけて洗浄。

デュオアクティブを貼ります。

テーピングで足裏を守ります。

右足も同じように洗浄。


大人しくていい子。

新ちゃんはずっと側で見ています。


嘴の色が少し良くなったでしょうか。


新ちゃんも抱っこ。


「ぐわぁ~くわぁ~っ」座ったっきりの新ちゃんにも負担にならないフカフカの藁が敷いてありました。野菜入りのご飯はまだ残し気味ですが、これから慣れていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください