大阪府松原市民道夢館横の池アイガモ保護 

大阪府松原市松原市民道夢館横の池アヒル保護 2016/12/21

保護時:掲示板投稿者、兵庫県会員岡崎夫妻
新しい飼い主さん:兵庫県会員岡崎夫妻


掲示板より相談

池の水が工事のために全て抜かれてしまいました。今は水が抜かれたことにより、水鳥達は皆別の場所に飛んでいってしまい、アヒルだけが取り残されています。野生の環境に馴染んでいる子ですので、他の池に移してあげると、今まで通り自分で生きていけると思い、市役所に相談しましたが、「考えます。」「要望は伝えます。」と言うお返事だけで、今すぐに保護をしたり、別の池に移してあげるということは市では出来ないと言われてしまいました。

池の管理をしている団体は直接問い合わせる事は出来ないそうで、連絡先を教えてくれませんでした。池の水は来年の一月末頃まで復活しないようです。助けたいのですが、どうしたら良いのか分からず、こちらで相談させていただきました。どうぞよろしくお願い致します


関西の会員と話し合った結果、現地を視察と同時に保護可能なら実行。




・施錠のかかった高い扉があり、入れるかどうか微妙。
・中にはアヒル用の洗面器に入った綺麗な水と餌が置いてある。
・投稿者の他、鍵を開けて入れる者が世話をしているようだ。

投稿された方に今までの様子や状況を伺い、打ち合わせをしてからの保護となりました。保護への判断となったのは、
・水が抜かれ干え上がるのを待つ池では、他の魚や生物たちの死骸だらけ。
・不衛生。
・そんな状況の中、野鳥が餌目当てに多く飛来している。
・投稿者が行政へ連絡しているが、アヒルに関しては無関心。

暫くは室内で隔離した後様子を見て行くとのことです。

雄アイガモ、推定年齢1歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください