新しい飼い主さん募集より引き取り クレアちゃん

東京都からの募集雌アヒルクレアちゃん引き取り 2018/03/03
新しい飼い主:群馬県会員藤井さん

 


あひるネットワーク里親掲示板より 新しい飼い主さん募集がありました。もうすぐ11歳になる雌アヒルのクレアちゃん。募集を依頼する側は新しい飼い主さん(里親さん)まで届けることを注意事項にも記載しておりますが、特別な事情と判断して緊急にあひるネットワークで引き取りに向いました。
アヒルをお願いする方、アヒルを迎える方(新しい飼い主さん)へ


のだめ君、ゆき君が通院している動物病院で検査
2018/03/04


検査報告
片目の様子
傷自体は以前のもので、レンズに傷がついたまま月日が経っていたことが原因と診断されています。角膜の傷自体はもうほぼ治っている状態なのですが、まぶたの変形は完治するのは難しく、光治療/抗生物質/点眼薬で様子を見ていきます。

体重が2.8kgと小さめだが食欲はあります。(栄養補助剤を処方あり)
「病院から戻ってからは、少し庭をお散歩して、日向ぼっこして、毛づくろいして、小屋でゆっくりしてます。まぁ、お年の割には健康そうです。」


クレアちゃんの様子 2018/03/10

「クレアさんが我が家に来て、1週間が経ちます。右眼も随分良くなってきました。体力も随分回復してきて、うちの生活にも慣れてきたかな。これから我が家でのんびり過ごしてもらいたいと思います。」


facebookより 動画 クレアちゃん  2018/05/12

「当初ショボショボだった右眼が、気づいたらここまでパッチリお目めになってました抗生物質も2週間以上飲んで、嫌な目薬もたくさん点して。年も年だしもうこのくらいでいいかな〜と思って、処方された薬が終わったところで、気づいたらこんなに綺麗になってました✨」

クレアの目のこと
目が白く濁ると白内障だと思われがちですが、白内障だと両目同時に濁るそうです。獣医師からは、「片目の右眼が開かなかったのは、恐らく痛くて開けられなかったのではないか。」と診断されています。外傷による白濁は、あるとき一瞬にしてくもってしまうようです。傷ついた右眼からでた分泌物によってまぶたがぐちゃぐちゃに汚れていたのです。


2018/10/14
アヒさみで栃木県の矢板温泉にやって来たクレアちゃん。白内障のような濁った目が痛々しく不自由かもしれませんが、11歳という年齢とは思えないほどパワフルに動き回ります。足がとても丈夫。ぬるくした温泉プールに入って少しの間リハビリ。


2018/12/30



高齢のクレアの目は治らないのでこのまま経過をみていくとのこと。目薬はその都度処方されます。明るい表情をしていますね!クレアちゃん


2019/02/14
クレアが吐血して、緊急入院となりました。
検査報告
・腎不全=もう治らない
・血液検査の数値から診て、初期(腎臓の75%が機能していない)
・尿酸値が高く、腎痛風となっている。
・腎臓に付着した尿酸の結晶が腎臓を傷つけて血尿となって出ていた。

治療方針を話し合う
 人間もそうですが、腎臓は治らない臓器です。そこで、何を目標に治療をすすめるかという話し合いでした。

・本人は痛風で苦しんでいるので、止血も含めてそれを改善する治療を行う。
・脱水症で亡くなる危険を回避する治療を行う。
・腎不全で逝くのが、本人は最も苦しまずにいけるので、そうなるようにそれ以外の要因を消す治療を行う。

このような方針となりました。

「とても心配な容態ですが、クレアさんの体力と残り25%の腎機能にかけるって感じです😢」


2019/02/19
クレアさん、予定通り帰って来れました!明細みたら、24回も注射してる💉😱よく頑張りました😭食事もぼちぼち食べてるので、強制給仕はしないのですが、薬は強制的に突っ込んでます。飲まないと!これも痛みを減らすため…ゴメンねクレアさん😢」


数日の入院でクレアは退院できました。吐血した日は動物病院がお休みのところが多く、会員FacebookやSNSを通じて緊急で診てくださる病院を呼び掛け、すぐに行動して対応できたおかげだと思います。クレアは11歳という高齢なこともあり心配は続きますが、ご飯や飼育環境、足裏のトラブルや関節炎だったり、体重制限、日光を浴びる時間や発情まですべて含めても、「こうすれば病気もしないし、健康でいられる。」という飼育法はありません。今のその状態のベストを支えてあげられるように、クレアと向き合っているのだと思います。アヒル(家鴨)の寿命は20年などという説もありますが、大きく肉が付くように食肉用として改良された北京ダック(白家鴨)は、同じ柄のあるアイガモ(家鴨)よりも問題が多く短命です。行き場がなくなっていた高齢なクレアを「家で引き取りますよ。」こう言って名乗り出てくださったこと、いつもみんなで感謝しています。ありがとう!クレアの応援団はいっぱいるよ!
クレア頑張ろう!
あひるネットワーク


2019.2.25
とても悲しいお知らせなのですが、クレアが天国へ登っていってしまいました。

藤井さんより
残念な報告となってしまいましたが、本日クレアさんが旅立ちました。少しずつですが餌を自分で食べ始めたところで、電話で先生とも「薬が効いているみたいね。」と話していて、追加の薬を送付してもらったところでした。先生曰く、「食べられていたということは、痛みは取れてきていたんじゃないか。」と、腎痛風で痛かったら、とてもじゃないけど自力では食べられないからと言われました。痛くなかったのならそれはせめてもの救いです。腎不全で亡くなったと考えてよいと言われています。昨日はプールに入って、日向ぼっこをして、お胸~お腹をドライヤーで乾かして、毛繕いが好きなクレアさんだったから、綺麗になってあったかくて気持ち良くて眠くて・・・なんかもう疲れたよ、って感じで最期を迎えたのかなぁ、なんて思っています。


クレア、11歳は長生きさんだ。ありがとう。

クレアを応援してくださっていた皆様へ、ありがとうございました。


東京都引き取りクレア費用報告

治療費用は、皆様からの寄付金/募金、会員からの会費、保護アヒル支援プロジェクトのファンディングより支出されています。

収支につきましては、会計報告をご覧ください。
会計報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください