ひなのじかんはみじかいよ

ぴぃぴぃぴゅぃー

みてみてーあひるのひなだよ。

嘴(くちばし)も水掻き(みずかき)も ちゃんとついているでしょ?

あひる・アイガモ・ガチョウの雛を購入されてこれから育てる方へ

最初は、室内で面倒をみていくのですが、家に小さなお子様がいらっしゃるなら、
「僕に抱っこさせてよ!」「次は私の番よ!」と取り合って、
抱っこしたり、撫でたりするでしょう。

そのとき、誤って床に落としてしまったり、

ちょこちょこと人間の後を付いてくる雛のアヒルを、
踏みつけてしまうかもしれません。

もしそうなってしまったら・・・、
アヒルの骨格はそのままになってしまいます。
また生まれつき、背骨が曲がっていたり、
足に障害がある場合もあります。雛のうちなら、まだ骨格ができていないので、
水の中で ゆーっくり ゆーっくり、
泳がせて曲がってしまった足をリハビリできる可能性があります。
すぐに病院で診てもらいましょう。

お庭で日光浴させてあげようかな~、
ちょっと待って!
雛のうちの庭での散歩や日光浴は危険がいっぱい。カラスなどの外敵が目を光らせています。

必ず人間が付いて見てあげていてください。
小さな雛をたったの1羽にしてはいけません。

<参考ページ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です