アヒルの暑さ対策

  2018年の夏、猛暑!!!!酷暑?!
「アヒルの暑さ対策」を皆さんへ呼びかけ始めた2010年が猛暑元年だったのかもしれません。あれから30℃超えは当たりまえのようになっており、特に今年は尋常ではない暑さを感じます。熱中症は人間だけじゃない。ペットたちも暑いはず、「お水にいるアヒルも暑いんじゃいっ!」そんな声が聞こえてきそうです。

毎年大丈夫だから、日陰だから、土の上だからと油断せずに様子を見てあげてください。水場の水もすぐに温まってしまいます。屋外でアヒルを飼育されている方がたは、気温の上がる前の早朝から午前中までとして、早めに取り込む(涼しい場所へ移動させる)ことを心掛けましょう。アスファルトや砂利の地面はかなり高温になっています。アヒルは靴を履いていないので気を付けてくださいね。足裏を傷めます。

伊豆高原にこまめちさん宅の対策
「酷暑ですね、、アヒル達も暑そうなので工業用扇風機を買いました。アヒルのこまちは扇風機の前から動きません。皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。」
「後日小屋の真ん中からミストが出るように設置しました。」

軽部さん宅対策 ミスト

鴨さんチームテケチハさん宅対策 1日の過ごし方
外遊びは遊び場が日陰の午前中。 午後はエアコンで25℃の室内。夜はお風呂場に作った水場のプールで過ごしています。


オヤツ編

齋藤さん宅対策冷やしトマト

オオクボさん宅対策スイカ♪

車内での注意
車の中は思ったよりも高温になります。アヒルをケージに入れ移動する場合は閉めきらずにアヒルの表情が見えるようにしておきましょう。ご家族で出かける際に止むおえずトランク部分にアヒルを入れたケージを置くときも、車内は涼しいのにトランク部分には直射日光が当たりとても熱くなる場合があります。少しの移動時間だからと油断は禁物です!車内での事故は過去に報告されていますので十分注意してください。


アヒルの暑さ対策 投稿日:2010年

気温が30℃を超える日が続いています。熱中症のニュースをよく耳にしますが、これは人間だけの問題ではありません。ペットたちは低い位置で生活しているので、地面からくる熱気や照り返しを人間よりも感じているのかもしれません。

アヒルが嘴を開けて「ハッハッハッハッ」と小刻みに呼吸しているようなら、すぐにお水を沢山与えてください。

クールビズできた♪  京都府会員:kanahanaさんより
日除けタープ・パラソル・扇風機を活用

35℃の酷暑を訴えるアヒ達の顔がますます険しくなってきた、体調が気になっていたが・・・。

夏休みになってやっとこクールビズできた。特に気に入ってくれたのは昼1時から5時までの酷暑時のミストシャワー。毎日栄養にも配慮しおやつに冷凍のドジョウやワカサギをあげています。


熱中症対策 室内 掲示板より やまうさぎさん

① 温度と場所について「今まで大丈夫だったからは通用しない。」その子は、今まで8年その小屋で暮らしてきたのです。30℃をはるかに超える暑い日も何度もあったのです。

② 湿度に注意する。30℃以下でも気をつけること。当日の室温は28℃、でも、湿度は100%でした。人間の例ですが、湿度が高いと11月でも26℃で熱中症になった例があるそうです。

③ 暑さに慣れていない時期も要注意。

④ 個体差がある。他の子が大丈夫だからは通用しない。当時、この子のほかに4羽いましたが、まったく何ともありませんでした。生まれつき暑さが苦手な子、年齢、体調なども関係するようです。

⑤ エアコンも過信は禁物です。近くに外出中急な落雷があり停電になりました。家へ帰ってみるとしっかり止まっていて、ヒヤっとしたことがあります。


体調を崩している保護アヒルにも冷やしキュウリ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください