外飼いの方へ 外敵の注意

外飼いの方ご注意ください 2015年9月14日掲示板記載

facebookでも公開しておりますが、外で飼っている方たちへの呼びかけです。

各地で外敵の姿を目撃したり、実際に被害に遭っているアヒルがいます。夜間にやってくるその外敵は、「アヒルを飼ってもう数年経つのに来たのは初めて。」「今まで大丈夫だったのに・・・。」このように安心していた環境へ突然やってくるのです。

私は以前住んでいた神奈川県でアヒルを飼い始めた頃、金色に光った毛の猫くらいな素早い動物を目撃しました。実際に小屋も狙われています。イタチなのか?
2003年webサイトより

【外敵】夜、イタチがぴぴの小屋に?!

4月の終わり頃のことでした。夜の9時過ぎに庭に出てみると、猫より少し小ぶりで茶色の金かかった生き物が小屋の塩ビを剥がしていました。

まだ玄関の灯りも付いて、居間の明かりも漏れる人の気配がする中、その生き物は小屋の中のぴぴを狙っていたのです。

イタチだったのではないだろうか?!早速小屋の強化を始める 。

次の日水道場を見てみると残っていた水を舐めてたのか?足跡が・・・!!!!!針金のネットで覆う。
その頃各地でも、いつものように夜間犬と一緒にいたのに襲われた、小屋をこじ開けられたなど、住宅地でも被害に遭われるケースがありました。


それから10年ほどそれらしき外敵の姿は見かけなくなり、安心していた頃やって来ました。

朝起きてみると、日中アヒルが日向ぼっこをする場所に侵入した形跡がありました。小屋をこじ開けむりやり入ろうと荒らされるようになり、その破壊力はどう見ても手が使える動物で、野生化したアライグマの仕業じゃないかと話し合っていました。

それから、木酢液や忌避剤を小屋の周辺に置くことや、夜間は玄関内で寝かせるなど十分気を付けたのです。


その後、2015年9月神奈川県湯河原のahiraa2goさん宅でアナグマが目撃され、関西では実際に外敵の被害に遭ってしまったとの報告が・・・。

ネットでアナグマ、アライグマ、ハクビシン、タヌキの比較画像があったのでお借りし比べてみると、ahiraa2goさん宅にやってきた外敵はアナグマと判明。

もし実際にアヒルたちを襲うためではなく、小屋に置いてあるご飯目的だったとしても、爪で引っ掻かれたり、噛みつかれたりすると、菌に感染する場合もありますので注意が必要です。

・夜間はしっかり戸の閉まる小屋に入れてあげてください。
・庭にご飯の食べ残しを置いておかない。
・雨の降っている日にやってくることが多い。
・小屋の敷き床は土や砂で良いのですが、その下はコンクリートか板を敷いて侵入を防ぐ。

野生のクマが民家に現れているニュースなど観ていると同じようなことが起こっているのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です