大阪府吹田市桃山台公園アヒル 

大阪府吹田市桃山台公園のアヒルたちについて

この公園にいるアヒルの件では幾度も相談があり、その都度傷を負ったアヒルたちを治療しながら会員宅で面倒をみてきました。2016年1月にも市民の方から連絡を受け保護をした後、何日も入院させたのですがすぐに死んでいます。

その保護へ向かったときの周囲への聞き込みで、「近所の住人がアヒルを買ってきてはこの池に放している。」という話しを耳にしました。その住人は毎日餌やりにもやって来ているようです。この件については下記に記載してある吹田市役所にも報告済みです。

相談される方は、「傷ついたアヒルがいるのだから、まずは助けたい。」そのようなお気持ちで私たちへ連絡をされてるのだと思います。アヒルたちには罪はないのですが、家の側の池へアヒルたちを放して飼っているという飼い主がいるのであれば、元気なときだけでなく、病気になったときや怪我を負ったときも面倒を見てあげてください。放流という遺棄を繰り返す方たちがいる限り、保護や治療といった協力を続けるわけにはいきません。

動物愛護法では、飼い主は動物に対する管理責任を問われます。適切な飼養とは適切な食餌、水、寝られる場所、そして健康管理も含まれます。健康を害しているのに適切な対処をしないのは動物愛護法違反となります。また私有地内以外で飼養管理するのも動物愛護法違反になるのです。

持ち主という方は苦しんでいるアヒルの姿を見ているはずです。どうして助けないのですか?吹田市の職員の方、池にやってくる市民の方たちで以前から起きているこの問題について向き合っていただきたいです。

あひるネットワークは、常駐する職員がいる企業や営利が目的な団体ではありません。支援金や会員の年会費で運営しており、会計報告でも記載していますが通院や治療費用は高額です。運営資金が豊富なわけでなく限りがあることもご理解ください。

連絡先
道路公園部 公園みどり室
〒565-0855 吹田市佐竹台1丁目6番1号 南千里庁舎2階
TEL06-6834-5366(管理保守担当:片山さん)、06-6834-5364(企画推進担当:増田さん)

野外にいるアヒルの相談

終生飼養の責任・飼育知識の普及・遺棄防止を呼び掛けます


大阪府吹田市桃山台雄アヒル保護 2016/01/12

年末、会員のブログに投稿先がわからないと下記内容のメッセージが記載されていました。

「大阪府の桃山台駅そばの公園のあひるが、羽がこげたようになっていて足も怪我をしているかんじで 羽がめくれた時に皮膚がただれたようになっていました 。みんなとは別のところで一人うずくまっていて 痛々しいかんじです。 」

メールアドレスの記載もなく、詳しい情報を待っていましたが、年始開けの仕事が始まると駆けつけることが難しくなると、兵庫県の岡崎会員が様子を見に行きました。この場所は以前も雌アヒルを1羽保護した場所です。

泥だらけで衰弱しているアヒルを確認した後、「この場所での経過観察は難しい。」と緊急保護入院ということになりました。

両方の脚が腫れあがり関節炎を起こしているアヒルは、10日に退院しましたが全く歩けません。居場所には温める為のひよこ電球を設置、処方された抗生剤を投与していきます。

保護治療費内訳   保護時の様子

この場所で周囲の聞き込みより、周辺にお住まいの年配者がアヒルを購入して池に放しているという情報がありました。公共の場で購入したアヒルを飼っている、持ち主がいるということです。公園の許可を取っているのか、何かあったときの対処はどうなっているのか行政に確認を取ることにしました。

連絡先
道路公園部 公園みどり室
〒565-0855 吹田市佐竹台1丁目6番1号 南千里庁舎2階
TEL06-6834-5366(管理保守担当:片山さん)、06-6834-5364(企画推進担当:増田さん)


「外敵に襲われたり、エサが取れなかったりと様々な問題に苦しむので動物を捨てないで下さい、という内容の看板を設置させていただきます。」と、看板の設置をするという回答でした。この池に放した方がいるのなら、「アヒルを放してはいけない。」「野鳥のように飛ぶことができない。」「ただ餌を与えるだけでは命は守れない。」と理解をしていただきたいです。

公園の水鳥たちの餌やりについて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください