千葉県調整公園雄カユーガアヒル保護

千葉県調整公園雄カユーガアヒル保護
2022-04-30

調査・保護:千葉県サポーター会員遠藤さん 相談者佐倉市民の方とご家族
保護者:SUPPORT SPONSORS会員三重県上住さん

お知らせ内容一覧
相談内容
調査
保護
引き取り 現在の様子
随時更新
クロ日記

【相談内容】2022-04-26
「今まで見たことがない水鳥がいて、うずくまって不安そうにしています。たまに立ち上がって右に行ったり左に行ったりして困惑しているのがわかります。ずっと鳴いていて可哀想です。」「呼ぶと近づいてきます。アヒルは白だと思っていますが全身が黒色です。」

あひるネットワークへこのような問い合わせがありました。鯉や鴨しかいないはずだった池に突然現れた黒い水鳥、市で放した鳥なのか、野鳥なのか?市役所の環境課へ「確認して欲しい。」そして「野鳥でなければ自身でボランティア等に依頼してもよいでしょうか、」このような相談もされています。

「どうやら野鳥ではないようだ。」「市で管理している鳥ではない。」このように市役所側が判断。

2017年の佐倉市七井戸公園保護の記事を市役所も確認。発見者で相談者の佐倉市民の方があひるネットワークへ依頼してこられた経緯です。

千葉県佐倉市七井戸公園北京ダック2羽保護

犬の散歩コースで通りかかる公園にいなかったはずの黒い水鳥が現れ、ウロウロ戸惑っている姿を見てとても心配になったとのこと。

その後の問い合わせメールには1枚の画像が添付されていました。画像なので飛べるかどうかは不明。アイガモの交雑種でしょうか?
野鳥なのか、アイガモ種なのか・・・?

【会員の皆さんと情報交換を進め、保護を検討する】

岡山県会員林さんより
「外国のカユーガアヒルではないのでしょうか?卵を孵化させたもののお世話が大変で持て余してしまったのかも知れません。」

埼玉県会員前田さんより
「林さんの言うようにカユーガアヒルだと思います。雄みたいですね。うるさいとは思わないけど慣れている感じから飼われていたのに遺棄されてしまったのかな?サイズは北京やアイガモサイズですね。」

東京都会員鶴田さんより


「我が家でカユーガを飼育しております。画像1枚じゃ判断しかねませんが純血ではなくてもカユーガの血が入っている子なのは間違いないと思われます。カユーガは体も重く飛べる可能性も低いためわざと逃がした可能性が高いとは思われます、、
行動範囲もそこまで広くは取れないと思うのでわざわざ池のある公園につれて行ったのかな、、と、、」

どうやらカユーガアヒルという家禽(家鴨)ということがわかってきました。


【調査】

七井戸公園のアヒルたちを保護まで見守っていたサポーター会員遠藤さんが早速調査へ。場所は限定できたが16時以降は入ることのできない公園だとわかり、散歩をされている方たちに池にいる水鳥について幾つか話しを伺うことができました。

相談者の佐倉市民の方からは、カユーガアヒルのいる場所の詳しい説明が入りました。「池の向こう側と広場側どちらかにいます。同じ場所に野鳥の鴨が複数いますが鴨よりも大きく、色も違うためすぐにわかると思います。(カラスよりも少し大きかったです。)16時の閉園直前に確認した時には池の向こうにいました。

【調査2】2022-04-28 調査:遠藤さん

動画を観てみると尾っぽにくるりんとした羽根が見えます。かすかに聞こえる鳴き声からも完全に雄アヒル君ということがわかりました。
「向こう岸にいるのを発見しました。向こう岸にはフェンスを越えないといけないので、公園課に許可をもらい入りました。生の米とキャベツとトマトを刻んでバケツに入れて持って行きましたが、警戒していて食べてくれませんでした。」
「ゆっくりと逃げる感じでしたので、ネットとか有ればもしかしたら保護出来そうな感じです。健康そうな感じでした。今日は公園に散歩の方が数名くらいで静かでしたが、土日はパターゴルフやサッカーで少し賑わってるようです。時々こちらの芝生の岸にも来て子供を追いかけたりしてるみたいなので、人に馴れている気がします。」

●管理事務所は見当たらず公園に訪れる方たちは優しく見守っている様子。
●人に近づいてくることもあるようで人に馴れている。
●手からご飯を与えようと試みたが池に入り泳いでいってしまった。

【調査3】2022-04-30午前中 調査:遠藤さん 相談者佐倉市民の方

こちら側の岸にいたので何とか手からご飯をあげようと近寄ったが警戒され水に入ってしまったとのことでした。アヒルの動きを観察するうちに「この人員で保護捕獲できるかもしれない。」このような話し合いとなり、遠藤さん宅で一時保護をするということで後日捕獲保護を実行することになりました。

釣り人も入ってこない静かな池なのでGW中の人出もそんなに多くないだろうと、一旦解散。改めて保護作戦を練ることにしました。

【保護】2022-04-30午後、 保護者:相談者佐倉市民の方

明日の天気予報で天候が悪くなることを心配され、再び相談者佐倉市民の方がご家族を連れてカユーガアヒルの元へ。向こう側の岸から池に入り泳いでいたのでしばらく観察しながら、こちら側の岸に寄ってきたところをパンでおびき寄せ、徐々に距離感を縮めていったそうです。少し追うと素早く逃げようとしたので持っていった※カーディガン(布)をフワッとかけ、動きが止まり大人しくなったところを捕まえて保護!成功!
※網やネットだと羽根を傷つける心配があったと後から伺いました※

「とても静かなので(アヒルを飼ったことのない私でも)抱っこもできます。とてもいい子です。」遠藤さん宅で臨時に猫ケージをお借りして一時保護です。

何の管理下もない野ざらしな公園に放した元飼い主は、新しい飼い主さんを探す時間はなかったのでしょうか。元飼い主の後を必死で追いかけようとしたはず。悔しい気持ちを抑えながら無事に安全な場所へ保護できて良かったと安心しました。

野外に放すということは、外敵や人間からの虐待で受ける外傷の心配もありますが、感染症という病気を患わせ完治が難しくなることもアヒルにとっては大きな負担となるのです。

アヒルを野外に放すということは 感染症・寿命

2022-05-01

現地で保護をした相談者佐倉市民の方に公園近隣の臼井交番に保護の一報を伝えてもらいました。
※翌日連絡を取り合っていた市役所の環境課にも一報を入れる。

【引き取り】

三重県賛助会員[SUPPORTSPONSORS医療法人スワン]の上住さんが里親さんに名乗り出てくださり、急遽保護翌日にカユーガ君は新幹線と特急に乗り新しい飼い主さんと一緒に安全な住処へと向かったのです。


数日間の不安な状況から一変、温かいお家で1泊、今度は電車に乗って大移動です。

「ボクはどこに行くのかな・・・。」

上住さんより 2022-05-02
「見かけのわりに体重はかるくお腹はあばら骨がでています。ここしばらく十分に食べられなかったのでしょうか・・他はケガもなく元気そうです。 保護にかかわっていただいた皆さんありがとうございます。」
「今日は一日 庭を歩き回っていました。ゆっくりコミュニュケーションとって大事にしていきます。」


クロ日記


※上住さんより定期的に送信される保護カユーガ君の日常を公開していきます※

「膝の上に乗せるとおとなしくいつまでもじっとしています。昨夜はそのまま目を閉じて寝てしまってました。きっと大事にしてもらってたのではないかと思います。どういう事情で捨てアヒルになってしまったのか・・本人に聞いてもグァグァ・・だけですから」

2022-05-09

「クロがやってきて1週間。これまでどんな生活をしてきたのか・・飼い主はどんな方だったのかいろいろ考えます。外にだすとなんとなく不安そうな声でなきつづけますが、家に入れ膝の上にのせてあげるとおとなしく1時間でも2時間でも座っています。おそらく部屋の中でずっと生活していたのでは・・?食事はいろいろ食べさせようとしているのですが水禽用のペレットしか食べなくて苦労しています。この週末は秘密基地に連れていきました。はじめ不安そうに海をみていましたがアイガモの親分に誘われて海へ。泳ぎは驚くほどヘタ! すぐに置いてけぼりに少しずつ外の生活にならしていかなくてはと・・」

2022-05-16
「この週末も賢島へ なかなか泳ぎが上手くならない😂

「足を伸ばさず身体の下で足バタバタさせてるから水の上でも 首とお尻フリフリ・・」

2022-05-20

「2週間前、アヒルとアイガモの赤ちゃんが産まれました‼️ 昨日から昼間は庭に出していますカラスがウロウロしにきますが、クロ🦆 チビ🐥🐥達の番人やってくれています😄

2週間前に孵化した雛たちがお庭デビュー♪クロちゃんはジッと座ってカラス番をしております。雛の頃の庭遊びでカラスに頭を突っつかれ重傷を負った雛たちをたくさん見てきました。このような屋根にも金網が貼られている小屋は安心ですね。穴を掘って潜りながら侵入する外敵もいるので夜間はまだまだお家の中で就寝です。
外敵の注意(空からやってくる外敵)あひるネットワークより

2022-05-23
「休日 ビーチを散歩 昼寝して行きつけの海辺のカフェで・・」

クロちゃん決めポーズがタレント並み・・・?

NPOあひるネットワークの収支につきましては、会計報告をご覧ください。
会計報告

寄附のお願い

ご協力へのお礼 *ご支援に感謝致します*